Academic Cultural Exchange
Top page
Study Abroad
How to study abroad
Step to study abroad
Advisory
Language
University
University scholarship
High school
High school exchange
Holiday course
Air ticket
Insurance
Map
Application
Enquiry
Blog
Privacy policy
Company
Recruit
Site map
Link
ace_language_school
オーストラリア高校留学
オーストラリアの教育事情

オーストラリアは6州からなる大きな国です。日本の国土の22倍の面積に、1700万人の人々が暮らしています。その歴史の中で、英国の制度や文化を基本にして発展してきましたが、今日ではこの国の風土に応じた独自の文化を形成しています。教育制度は州毎に違いがあります。どの州にも言えることは教育の期間が前期中等教育(義務教育)と後期中等教育に分かれている事です。前期は初等教育が終わって10年生まで(15歳或いは16歳)。後期は11年、12年生(日本で言う高校2年、3年にあたります)。義務教育では普通教育が主体で、英語、数学、理科、社会などを履修します。11, 12年生に成りますと主要科目をはじめ、選択科目も学びます。オーストラリアは日本と違い、各大学の入試試験はありません。大学に進学を希望する生徒は、学内の試験(比重50%)と12年生の11月、12月にかけて実施される各州の統一試験(比重50%)の成績を基に大学の入学が審査されます。生徒は11年生のはじめに、志望校の志望学部に入るために必要な科目を調べ、2年間かけて必要な主要5科目を取ります.文科系と理科系に進む人では自ずと履修科目が異なってきます。進学を希望する大学や学部により、この入試試験の合格点が異なります。50%で入れる学部から99%なくては入れない学部など様々です。オーストラリアの高校は1月下旬に始まりその年の12月上旬に1学年間が終了します。1学年間は4学期に分かれていて、各学期の間には2週間の休みがあります。学校は週休2日制で、1日5〜6時限の授業があります。日本の講義中心の授業とは異なり、生徒の希望する学科を幅広い科目の中から選択でき、個人ごとに与えられたテーマを学習したり、討論をしながら学習していきます。日本語教育の授業も盛んで、日本語に興味を持つオージーの生徒とお友達になれる機会もあります。 

入学時期 1月,4月,7月,10月
留学期間 1学年間(延長可)
滞在方法 ホームステイ(私立高校の場合は寮も可〉
応募資格 入学時期において15歳から18歳の心身ともに健全な男女(不登校,中退者も歓迎)
Adelaide Metropolitan学校区
南オーストラリア州のAdelaide Metropolitan学校区に47校の中高一貫校があり、留学生はその教育委員会の管理の下にその一つの中・高校に入学します。希望者は自分の興味に基づいて(サッカー、テニス、音楽、ダンス、etc.)、学校の希望を出す事もできます。一般的に、日本人留学生はその英語力により、現地生の10年生に準じる準備コースより始めて、英語(ESL)や一般教科の基礎を学習し(1〜2学期)、それから10年生を最低1学期修了して、新学期(1月下旬)より11年生に進級します。11年生と12年生(最終学年)の2年間で必要科目単位を取得し12月に終業(卒業)する事により日本の大学はもとよりオーストラリアや世界各国の大学への進学が可能となります。
TOPへ


エース
留学センター
TEL 087-831-0188
平日・祝日11:00〜21:00 (土11:00〜20:00 日11:00〜16:00(予約制))
〒760-0052 高松市瓦町2−12−5 ブルーメンビルU1F.

Copyright(C)2008 ACE All rights reserved

内閣府認証NPO法人
留学協会 正会員